校長挨拶

       
ようこそ都立江北高校定時制へ       
                                                     校長 大塚 雅一
 
                 
 今年度も校長を務める大塚雅一です。
 よろしくお願いいたします。
 4月当初、世界中が新型コロナウィルス感染症により、感染者、死者が膨大の数になっている危機的な状況になっており、我が国の感染状況、ことに我々の住む東京においても、爆発的な増加が発生しかねない厳しい状況です。
 この状況の中で、今年度の学校のスタートである4月6日の始業式は実施できましたが、翌日7日より、臨時休業という残念なスタートとなってしまいました。
 この臨時休業措置で本来の授業ができないことで、生徒の学習状況がとても気になるところです。仕事やアルバイトがある中で、学校からの各教科の課題があるものの、生徒によっては、自宅にいる時間が長くなり、ストレスをためている生徒も少なくないと思います。
 生徒は自分のできる感染症対策をしっかりと行い、健康に留意して、この状況を乗り、一刻も早く通常の学校生活が再開できることを祈ります。
 本校は、昭和23年に都立第十一新制高等学校の定時制課程(夜間普通科)として開校し、今年で72年目を迎え、今年度は3・4年生の34名の生徒が学んでおります。
本校定時制課程は、幅広い年齢層、様々な目的意識や学習意欲を持った生徒を受け入れ、それぞれの自己実現や学び直しの場としての存在意義を有しています。落ち着いた学習環境を確保し、社会人としての基本的な能力や態度と豊かな教養を身に付けさせる教育に力を入れています。
 また、東京都教育委員会の事業である自立支援チーム継続派遣校としての取り組みや都立城東職業能力開発センターとの連携による本校独自の授業など、外部機関等の協力を得ながら生徒の学校生活の充実と社会的な自立を図り、キャリア教育を推進しています。
 令和4年3月には、閉課程となることが決定しておりますが、保護者、地域住民、関係機関等の本校の教育活動に対する理解と支援を仰ぎながら、本校生徒に対する更なる教育の充実に努めていきますので、よろしくお願いいたします。
(令和2年4月)
〒120-0014 東京都足立区西綾瀬4-14-30
電話 : 03-3880-3413 ファクシミリ : 03-3880-6755